かぶりやすさや手入れのしやすさも考えて選ぼう


医療用ウィッグを選ぶときはスタイルなどを見て選択するという方も多いですが、スタイルだけを見て選んだしまうと後々色々な問題が発生することがあるので、細かな部分まで見て選ぶといいでしょう。その中でも着用のしやすさや手入れのしやすさは選ぶときに見ておきたい項目になるので、ここではこの二つのポイントについて紹介します。

まず1つ目はかぶりやすさですが、例えばスタイルで医療用ウィッグを選んだとしても自分一人で着用することができるものでないと意味がありません。業者に依頼をする時には着用してくれるので見落としがちなポイントですが、着用のしやすさは日頃から手間をかけずに使うためにも重要な部分なので装着がしやすいかどうかを見て選ぶようにしましょう。

2つ目は、手入れのしやすさです。例えば、ウィッグの中にはすぐにスタイルが崩れてしまうものもあります。スタイルが崩れやすいタイプだと、手入れに何時間もかけないといけない場合もあり使い勝手が悪くなるので、なるべく自宅でも簡単に手入れができてスタイルがキープできるタイプを選択するといいでしょう。

このように、2つの項目も重要になるので、しっかりとチェックしておきましょう。


通気性や毛材にもこだわろう


医療用ウィッグを購入する時にはいくつか重要なチェックポイントがありますが、その中でも毛の素材や通気性は重要になります。それぞれ医療用ウィッグによって違う部分になるので、失敗しないためにもここでは毛材や通気性について紹介します。

汗をぬぐう女性まず1つ目は毛の素材について説明しますが、毛材にこだわることでどのようなメリットがあるのかというと、見た目の自然さなどが変わります。
特に外出先などで着用をするという場合には見た目の自然さは重要に感じる人も多いでしょう。
なるべく人に知られたくないと思っている方は多いので、毛材はこだわって選ぶことが大切です。
毛材の中でも見た目の自然さがあるのは人毛と言われており、毛材の中でも自然な仕上がりだとされています。

続いて2つ目に大切なのが通気性です。
医療用ウィッグの内側にはネットが使われていますが、ネットの部分は付け心地を左右する大切な場所です。
熱がこもるとムレてしまい、痒みが発生したりして快適に着用することができないので、通気性に優れている素材を選ぶことが大切です。


医療用ウィッグはフィット感と重さを考えて選ぼう


医療用ウィッグは、治療中の方は毎日のように着用したり、長時間の着用をしたりすることがあります。その為、購入する時には長時間使用しても快適な医療用ウィッグを選ぶ必要があります。そのためにはいくつかチェックしておきたい項目があるので、ここでは一日着用しても快適な基準は何かについて説明します。

まず1つ目は、フィット感があるかどうかです。特に抗がん剤の治療などを行っていると髪の毛のある状態から抜け落ちるまで期間が早く、頭のサイズも1センチから2センチほど変わってくることもあります。そのため、フィットする医療用ウィッグを見つけるのは難しい場合もあります。しかし、近年ではサイズの調整が可能なものもあります。サイズの調整が可能なら、頭周りのサイズが変わっても問題なくフィットさせることができます。

また2つ目は重量感についての確認です。例えば、カチューシャなどの小さなものでも頭に長時間着用していると疲れてしまうことがあります。重みが加わると負担も大きくなるので、選ぶときは負担を感じさせない重さの医療用ウィッグを選ぶことが重要です。重量はそれぞれウィッグによって異なるので、事前にチェックして選択するようにしましょう。


医療用ウィッグの特徴について


ウィッグという言葉を聞いたことがある方も多いかと思いますが、ウィッグと言っても様々な種類があります。その中でも医療用ウィッグと呼ばれているものが近年注目を集めており、さまざまな方が注文しています。実際に医療用ウィッグにはどんな特徴があるのかを知りたい方も多いので、ここでは特徴についてを説明します。

まずそもそも医療用ウィッグはどんな人が使用するウィッグなのかということですが、主に抗がん剤の治療を行っている方や、円形脱毛症など病気や治療が原因で薄毛になってしまった人が使用するウィッグです。基本的には病気や治療で悩んでいる人に合うウィッグを作っていますが、病気や治療で悩んでいる人は特に肌などが敏感で素材によっては痛みが発生して不快さを感じるなど様々な問題が発生します。特に一般的なウィッグでは問題が発生しやすいですが、医療用ウィッグは快適に着用できるように作られているので病気や治療中の方でも安心です。

また、医療用ウィッグが一般的なウィッグと異なる点は色々ありますが、近年では決められた規格内に収まっていないと医療用ウィッグとは呼ぶことができなくなっています。医療用ウィッグは外観や性能、試験方法などを定めた規格に満たしていないと医療用ウィッグとして販売することができません。厳しい検査にクリアしたものだけが使えるので、安心感もあるのが特徴的です。このように、特徴について説明しましたが、医療用ウィッグと言っても業者によってはさまざまな違いがあるので、どういったものを選べばいいのでしょうか。